FC2ブログ
あたらしいわたし
あたらしい地球のあたらしいみんなに愛と光があふれています
アレルギーと予防接種

この春から長男が社会人になり、まずは「やっと一匹仕上げた!」と安堵しています。
今までわたしなりに精一杯子育てをガンバったつもりです。
そんなわたしにご褒美のような報告がありました。

「アレルギー検査で異常に低い数値が出た。それどころか、全くアレルギーにならないという数値の項目もある。これって、めずらしいらしいよ!」

長男は身体検査の厳しい職業に就いたので、入社前も後も身体検査を受けているのですが、入社後の詳しいアレルギー検査で低い数値ばかり並んだというのです。
それどころかアレルギー発症の可能性がゼロという項目もいくつかあったようです。
これには産業医の先生も、何か心当たりある?とおっしゃったそうですが、本人は特に分からなくて、さあ?と言ったらしいです。

これを聞いて、わたしはピンと来ました。
予防接種を受けてないのです。
つまり、アレルギーは幼児期の予防接種が原因だと断言できます!

巷では、アレルギーの原因は都市伝説みたいにいろいろ言われていますね。
いろんな説があって、多分、それぞれどれも正しいと思います。
その中のひとつにアレルギーはワクチンが原因ではないかという説もあります。
もはや、これは説立証です!
わたしが自分の子どもを使って人体実験しました!酷い親⁈(笑)

我ながら無茶な選択だったかな、と心が揺れた時もありました。
保健室に提出する書類に毎年「予防接種の接種状況をご記入ください」と付箋を貼られていました。
小児科で、予防接種を受けない理由を聞かれ、必要ないと思うので、と言ったわたしに嫌な顔をして無視されたこともありました。

でも、なんとか受けないで成人して社会人になりました。
この先、必要だと思ったら、本人が自分で判断して受ければいいと思っています。
予防接種を受けないと渡航できない国もありますしね。

ただ、これで良かったんだ、と思えて、ひとつ肩の荷が下りた気分になったのでした。







あたらしいわたしに幸多かれ!






スポンサーサイト
息子との会話

珍しく早く帰宅した高3の次男が、面白いことを言いました。

次男「なんかさー、最近オレ、変なこと考えるんだよねー。今、オレが見てるのって幻覚?って。ヤバい⁈ いや、ヤバくないよ!(笑)なんていうか、自分がイヤなことって、自分が作ってるんじゃね?って思ってさ。結局、目で見てるもんって、そんなモンなんじゃね⁈って。」

わたし「マジか〜、お母さんなんか、そこに気づけたの大人になってからだよ〜。大人っていうか最近だよ〜、オバさんになってからだよ〜。高校生でそこに気づくってスゴいね〜。結局この世はホログラム、、、って、やっぱ、パフュームって最前線だねー!(笑)」(注;「パヒューム」は歌手で演出にホログラムを使用)

次男「いや、鋼の錬金術師じゃね?」(注;アニメ「鋼の錬金術師」の主題歌は「ホログラム」)

母「まあ、どっちでもいいんだけどさ(笑)で、なんでそう思ったの?」

次男「いや、あのブラックホールって、ホントかなって思ってさー。うん、多分あるんだよ、いや、あるんだけど、、、みんなでおんなじの見るって、なんかわかんないけど違うくね?っていうかー。ってか、自分で言ってる意味分かんねー!(笑)」

母「いや、分かる!分かるよ!そーゆーの大事だって!」

次男「マジ、ヤバ、オレ、急に勉強し過ぎておかしくなった⁈(笑)」

母「まあ、大学は何回でも受けられるから〜。今は部活がんばれ!」

そして、この話をクソ真面目に出来る頭のいい人たちと同じとこ行きたいから勉強する、と言って、二階に上がって行きました。

若いっていいですね〜無限の可能性!
うらやましい!

そして、どうやら若い人たちは勘がいいようですね。
地球の未来は明るい!









あたらしいわたしに幸多かれ!








ドラコニアンの帰還

瞑想しながら、ドラコさんたちの帰還はいつまで続くんだろう、と考えていました。
わたしなりに祈っているつもりですが、果たしてうまくいってるのかな〜。
ちょっと自信がなかったんです。

ふと、お誕生日にご褒美がもらえるイメージが!
そして、梅雨明けまでは頑張ろう、と。
ん?わたしの中の神様の声?天使さんからのメッセージ?
それとも、いつも助けてくれるプレアデスのみなさんでしょうか?

わたしの誕生日は夏。
夏に何かが起こるのかな?
今年は大切な年になると感じていました。
ゴールデンウィークには時代が変わるしな〜と思っていましたが、新元号発表で一気に変わった感じがします。

各国が協力してブラックホールも可視化されましたしね。
宇宙に目を向けると、政治的な背景よりも地球人としての一体感が生まれることを実感できました。
むむ⁈令和元年5月にもう一段ステップを上がるのでしょうか⁈

ドラコニアンの統合には、もう少し時間がかかるけど期限があるということかな?
一度に手応えみたいなのは感じられないけど、毎日コツコツやってたら、いつのまにか出来てた!と、なりますように。

高次のみなさん、いつも助けてくれてありがとう。
わたしなりに祈り続けますね。







あたらしいわたしに幸多かれ!







市ヶ谷八幡宮

市谷亀岡八幡宮はJR市ヶ谷駅から外濠を渡り、防衛省に行く途中にあります。
境内の裏手は防衛省の敷地に隣接しています。

もとは江戸城の市谷御門内に西の守護として、太田道灌が鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊を勧請したのが始まり。
江戸城の外堀が完成したあとに、お濠の外側にあった茶の木稲荷神社の敷地内に移されました。

ここは稲荷山と呼ばれ、千年以上前に弘法大師、空海さんが開山したと言われています。
今は茶の木稲荷のほかに小さな出世稲荷社と金比羅宮があります。
そして、ここの神社の特徴として、ペットと一緒にご祈祷を受けることができ、ペット用のお守りもありました。


急な石階段を登って、すぐ左に茶の木稲荷、そのまた上に登って、やっと市ヶ谷八幡の境内です。
都会の真ん中、下の道路は人も車もいっぱいですが、ここは静かに桜を見ることができるところでした。

さて、ひと通りお参りして、ゆっくり感じてみることにしました。
手を合わせようとしたら、お賽銭箱の裏から猫が飛び出してきて、びっくりしました。
やっぱり、ドラコさんたちが還りたいのでしょうか。

少し前に、近くの外濠公園で祈った時は全然うまくいった感じがしなくて、どうしたものかと思っていたのですが、ここではうまく祈れました。
しっかりとした大きなつむじ風が起こり、集中して祈れたと感じました。
サポートしてくれた高次のみなさまに感謝ですね。

ドラコさんたちが安らかに速やかに光に還ることができますように。
今までおつかれさまでした、ありがとう。







あたらしいわたしに幸多かれ!






手ごわいドラコさんたち

いやー、なかなか難しいです、ドラコたち、手ごわいです(−_−;)

自分ひとりでいる時、瞑想している時や無心で何かをしている時、例えば、掃除機をかけている時とか、お皿を洗っている時とか、バスを待っている時とか、、、
そういう時は、とても自分に集中していて、自分の中の光を感じることが出来るのですが。
そして、いつも光とともにあるのだから、大丈夫、自信を持って人に伝えよう!と、心に刻むのですが。

人に対して、人と向かい合うと、どうしても自分を忘れてしまうのです。
それどころか、今までは土地に対してのワークはわりと手ごたえがあった、というか、自分でもその感じは掴めていたように思うのですが、どうも人となると、それもドラコだと確信してしまうと、何なんでしょうか、うまく集中出来ないというか、、、

とりあえず、その場を取り繕うようなことは言わないので、そこは成長したなとは思います。
でも、ドラコの重たいエネルギーを感じて、まずは祈りたいのですが、変に肩に力が入っちゃう感じで、祈りに集中できないのです。
心の中で祈り、愛と感謝の心持ちで話したいのですが、、、
結局、無言になり、その場を離れる、という、、、

これは、わたしがまだまだってことなんでしょうけど、帰り道に変に反省したりなんかしちゃって、ますますどツボにハマっていて、、、これでは、いかんなぁと思うわけです。

もっと軽〜く軽く、あまり気負わないで、でも光を忘れずにコツコツ続けていくしかないかなぁ、なんて思っています。

ドラコさんたち、まずはわたしに首輪をつけるの、やめてください。
わたしが自分自身で付けているのでしたら、それはもう必要ないと自分に宣言します。
だって、わたしは光を選ぶと決めたのだから。

ドラコさんたちの新しい星はエネルギーを奪わなくてもいいんですよ。
どうぞ光とともにお還りください。
その重たいエネルギーを手放してください。
もう地球は光になったのですから。








あたらしいわたしに幸多かれ!